少女

2012.02.23

湊かなえ 著 『少女』を読みました。

 

湊かなえさんと言えば『告白』ですね。。。

映画しか観てないですが、相当面白い作品です。

それに負けず劣らず…面白い!の一言です。

 

主人公は二人の女子高校生。 友達だけど関係は希薄。

お互い何考えてるのか分からないし、気持ちを伝える気もない。

きっとそんな事すら面倒臭くなっている、ごくありふれた女の子。。。

 

そんな二人が別の女友達の、「親友の死を目撃した」発言によって、

「人が死ぬところを見る」事に急激な憧れを抱き、

夏休みに奔走する…というなんともダークな内容。

 

一方は老人ホーム、もう一方は小児病棟で、

ある親子を通じて伊坂幸太郎ばりに(笑)リンクしていく。

 

友情と命の大切さを言っているかと思えば、

高校生特有の残酷さと愚かさもしっかり描かれていて、

それより酷い大人の醜さを蹴飛ばす痛快な部分もあって、

最後はどんでん返し。

時間も忘れて一気に読み終わってしまった。。。

 

これは必読ですわ。

 

やっぱ『告白』も読もうかなぁ。。。

少女

恋の罪

2012.02.20

恋の罪』@銀座シネパトスに行ってきました!

 

ずっと観たかったんだよねぇ。。。

といいつつ一人で映画館行くわけにはいかないし

かと言って彼氏と二人、たとえ家でDVDでも微妙。。。。と思ってたら

ちょうどまっちょさんに誘ってもらい、女4人で酒持ってGO!w

 

マネキン死体とか幽霊?とか裸でいらっしゃいませ辺りは意味分かんなくて笑ったけど

その他の女の生き様は正直、笑えなかった。。。

男には分かんないだろうけどあれはある意味リアルだなー。

 

富樫真さんがすげーキレイだった。やはり私はスレンダー美女が好き。

アンジャッシュ児島さんが出てたんだけど、彼も気持ち悪くて良かったです。

いるんだよねーああゆう勘違い男w

 

タイトルの「恋」ってのはちゃんと理由があるらしいよ。

少なくとも普段使ってる「恋」とはかけ離れた話でした。

 

女同士で観て笑うための映画です(・∀・)!

海/薬指の標本

2012.02.18

小川洋子 著 『海』と『薬指の標本』を読みました。

 

小川洋子さんの作品は「博士の愛した数式」を映画で観た以外、

初めて読んだんだけど、ヒューマンだけどちょっと暗くて、恋愛なのかなんなのか、

ビミョーなところを突いててとても面白かった。

 

『海』は、短篇集で、

中でも「バタフライ和文タイプ事務所」って作品が

性器系の論文を制作するための活字を扱う話で、

性描写はないのに、エロくて面白かった。

 

『薬指の標本』も若干近いものがあって、

狂おしくて静かな恋愛観が良かった。

 

静かで淡々としてるのに退屈しない、

私が言うのは変だけど、上手だなぁーと思いました。

 

他の作品も読もうと思います☆

海/薬指の標本

朝日のようにさわやかに

2012.02.11

恩田陸 著 『朝日のようにさわやかに』を読みました。

 

短篇集で、ホラーやらミステリーやら懐古的メルヘンなお話やらいろいろ。

 

一番最初の「水晶の夜、翡翠の朝」は、

「黄昏の百合の花」などの水野理瀬シリーズの一編らしい。

ヨハンはイケメンすぎて惚れた。

 

「あなたと夜と音楽と」って話が一番お気に入りで、

ラジオパーソナリティーの二人の会話だけで成り立っていて、

恩田さんらしいちょっと演劇っぽいミステリー。

実際舞台でやってみると面白いだろうなーと思います。

 

あと「淋しいお城」。

淋しい子供をさらうトリッキーなみどりおとこが魅力的。

さらわれたらどうなるのか?みどりおとこの正体は??

ちょっとグロテスクでファンタジーなところが好きです。

 

他のお話もすごく面白くてあっとゆうまに読破。

最近退屈してスリルが足りないって方にオススメですw

 

朝日のようにさわやかに

蒲生邸事件

2012.02.04

宮部みゆき 著 『蒲生邸事件』を読みました。

 

受験生が、旧蒲生邸のホテルで火災に遭い、

ホテルに泊まっていた客である“時間旅行者”に助けられ、

「二・二六事件」の真っ只中の蒲生邸にタイムスリップするというお話。

 

「二・二六事件」って名前しか聞いたことないイメージで、

歴史の授業でもほとんど取り上げられてないと思うんだけど。。。

 

今みたいに便利なものはなく、

職業の自由も言論の自由も、男女の平等もなかった時代。

病気になってもお医者に診てもらえるのは裕福な人に限られる。

どんなに寒くても暖房もないしお湯も出ない。

考えるだけで、寒いよ、今まさに…極寒の季節だからね。

 

そんな中でも、確実に、懸命に生きている人はいた。

下手すりゃ今もまだ生きてる人もいるかもしれない。。

よく考えると、本当にそこからの日本、激動なんだよね。

平和ボケしてる私たちは絶対生きられないような。

 

お話の論点は、その歴史を、時間旅行者が変えられるのかって事。

まぁ、お話の中では変えられないという事なんだけど、

人一人の命を救ったり、人の行動、事件の内容を少し変える事はできる、

なぜ、なんのためにこの時代にやってきたのか、その理由を突き詰めていく内容で、

登場人物の将来を、現代に戻ってきた主人公が解き明かしていく。。というお話。

 

あまりというか、歴史はすごく苦手なんだけど、

「日本は一度滅びた」という歴史的事実を、初めて実感した気持ちになりました。

 

今の日本は間違いなく恵まれていて、

でも精神的には貧困な時代と言われている。

それでも今の時代に生きなきゃいけないし、その中でできることも確実にあるのだな。

とりあえず、誰か一人でも、大切な人を幸せに生かしてあげられる人になりたいな。。。という感想でした。

蒲生邸事件