贖罪

2012.08.16

湊かなえ 著 「贖罪」を読みました。

贖罪

幼い娘を殺された母親が、

犯人の目撃者である、当時まだ小学生だった4人の少女に

「私が納得できる償いをしなさい」という言葉を投げつけた事で、

成長した4人の「償い」という負の連鎖が始まっていくお話。

 

犯人が他にいるとハッキリしているにも関わらず、

あまりにも大きいものを背負って成長してしまった少女たち。

男女関係含め、心の病と愛情がグルグルと渦巻いて、

哀しい結末を辿ってしまいます。。。

 

すごい面白かったです。

子供に罪を償わせるという視点では「告白」に近いものがあります。

 

お母さんが悪いというか、

少女たちの取り巻く環境、男運もろもろ悪すぎるw

事件がなくてもこうなる運命の4人だったんじゃ。。。という印象もあり(・∀・)・・・

 

ドラマ化もされたみたいですね。

DVDも見たいっす!

死にぞこないの青/暗いところで待ち合わせ

2012.08.16

乙一 著「死にぞこないの青」と「暗いところで待ち合わせ」を読みました。

死にぞこないの青

「死にぞこないの青」は、担任の男性教諭からのいじめを受けた男の子が、

「アオ」という少年が現れる事によって、狂気も含めながら、立ち向かう姿を描いています。

意外と?ハッピーエンドな感じです。

ダメな大人が子供にやられるのは、けっこう爽快ですね。

「アオ」の描写がカッコ良かった。

 

暗いところで待ち合わせ

「暗いところで待ち合わせ」は、孤独な盲目の女性の家に、

殺人犯として追われる男が勝手にあがりこみ

女性が侵入者に徐々に気づき始めると同時に、

少しずつ距離を縮めていくお話。

普通にいい話でしたw

 

どちらも乙一さんにしてはスッキリしたラストで、ヒューマンでハッピー。

面白かった(・∀・)!

ソロモンの犬

2012.08.08

道尾秀介 著 「ソロモンの犬」を読みました。

ソロモンの犬

 

小さな男の子が、飼い犬に引っ張られて、車に轢かれて死んでしまった。

その母親も数日後に自殺してしまう。

 

その場にいた、被害者の関係者でもある、大学生4人の男女が、

なぜ、事故が起きたのか、犯人がいるのか、

それぞれの恋愛事情とともに解き明かしていきます。。。

 

ぶっちゃけ、三途の川のくだりはよう分からんかったけど、

なかなか意表を突かれて、楽しかったです。

バベルかと思ったらBBQかよ。(ネタバレ)

教授がいい味出してます。

 

道尾さんの作品は恋愛ネタが多いように感じるのですが、

しかも三角関係とかドロドロしてるのが多いのですが、

何かのトラウマですかね。。。。w

 

女子には心が痛いので、あまりオススメしませぬ。。。

カールじいさんの空飛ぶ家

2012.08.04

「カールじいさんの空飛ぶ家」を観ました。

 

冒険家がきっかけで出会った幼い男の子と女の子が、

結婚して老人になり、先に他界してしまった妻との思い出の家を、

二人でいつか行こうと夢見ていた滝の上に丸ごと持っていくお話。

ご存知の通り、風船をくくりつけて飛ばします。スゴイですね。。。

 

たくさんのカラフルな風船、古くなっても可愛い家、家具、写真、

さすが、夢があってセンスがいいわぁ~

 

何度も困難にぶつかりながらも、妻への想いだけで

体力の限界を超えて進んでいくカールじいさんに感動します。

男の人って、こんなに女性を健気に想うことができるのね、、、

ウチのじいちゃんばあちゃんを思い出しました。

 

登場する、犬とか鳥がめっちゃ可愛い。

犬がしゃべるんだけど、本能には敵わないところも。。

 

ちなみに、風船の数は10297個らしいです。余談。

おおかみこどもの雨と雪

2012.08.02

「おおかみこどもの雨と雪」を観てきました(・∀・)

 

原作・監督 細田守

花(はな) 宮崎あおい

彼(おおかみおとこ) 大沢たかお

 

衣装 伊賀大介

劇中画 森本千絵

(え、衣装。。?)

 

狼男と恋をしてしまった女性が子ども(お姉ちゃんの雪と弟の雨)を産んで、

お父ちゃん死んでしまって半人半狼の2人を、

周りの人に支えられながら育てていくというお話です。

 

お父さんと雨(息子)のイケメンっぷりがすごい!

映像もキレイで、お母さんの愛に何度も涙しました。

やはりアニメは良いですなーなんでもあり(*´∀`*)w

 

全然関係ないですが、昔のドラマの「銀狼怪奇ファイル」が大好きでした。

んでもって、「カードキャプターさくら」の月城雪兎さんと

「幽☆遊☆白書」の蔵馬とか。。。つまり変身キャラフェチなんですね。

どこかにそんな人、いないかなぁ。。。。