往復書簡

2012.09.23

湊かなえ 著「往復書簡」を読みました。

往復書簡

それぞれの事件、ミステリーを中心に、

手紙のやりとりを通じて、謎を、真実を紐解いていく短編集です。

 

怪我をした行方不明のモデル、

生徒より夫の命を優先しようとした女性教師、

事件の真実を隠し続ける遠距離恋愛の男女、

ドロドロやら怖いやら感動まで目白押しでございます。

 

普通の会話よりも手紙の方が本当の事を話しやすいのかも。。。

というのがまた面白いです。

いやぁ。。。湊かなえ作品、ハズレないわぁ。

 

「北のカナリアたち」も気になりますっ!

あるキング

2012.09.23

伊坂幸太郎 著 「あるキング」を読みました。

あるキング

伊坂作品はハズレないなぁ。。。と思っているうちに、

あっとゆう間に読み終わってしまいました。

 

ある、弱小野球チームにいた選手の愛読書である、

シェイクスピア「マクベス」の、

「フェアはファウル、ファウルはフェア」をテーマに

話は進んでいきます。

マクベスは読んだことないからよく分かんないけど、

3人の魔女ってのも実際に登場してきます。

 

王求(おうく)という、天才野球少年を育てるために、

両親は重罪を犯すのですが、

その犯罪も、本当に両親が悪いのか、

本当の悪は、正義は、どこに存在するのか、

「フェアか?ファウルか?」(野球なだけに)、

しんみりとした切ないラストが待っております。

ラストは賛否両論あるだろうなぁ。。。という感じです。