悪の教典

2012.12.23

貴志祐介 著「悪の教典」を読みました。

悪の教典

映画化もされたので有名ですね。

 

生徒にも先生にも熱い信頼と人気を集めている「ハスミン」が

反社会性人格障害(サイコパス)で

邪魔者を次々と排除していくホラーサスペンス。

 

久しぶりにホラー見ましたが、今までの中で一番キライなタイプかも。

もちろんホラーとしてはスリルもあって、やけにリアルだし

著者の意図したものが十分伝わるのだが、

何も得るものがないとゆうか、いや、そもそもホラーってそういうのなんだけど。。

 

これ、一体誰が得するんだろうかと。。。

そうそう、あんまり面白みもなかったんだよね、殺し方とか(←おい)。

驚くようなトリックがない。

 

うーん、とにかくなんか違う!!「ISOLA」のが面白かった。

残虐性ばっかりのホラーはつまんないんだなと、勉強になりました。

ハスミン死んでないから続編もあるのか?それはコケるだろうな。。。

 

少なくとも、仕事とは言え、

年頃の女の子(某人気絶頂アイドル)に観せる内容の話ではない事は確か。

読むまではえーって思ってたけど、今はちょっと同情しています。

 

あと、海外では実際にこんなんが起きているので、

本当に放映して良かったのか、日本人ってこうゆうとこしれっと鈍感というか、

これこそ平和ボケなんだろうな、と思います。

やっぱダメですよ、ちゃんと考えないと。

ねじの回転

2012.12.17

ずいぶんと久しぶりの更新になってしまった。

前回の更新が9月って事は、これまでの間に私、結婚しましたw

今後ともよろしくお願いいたします。

 

んで、

恩田陸 著「ねじの回転」を読みました。

ねじの回転

難しくて説明できんのだが…

世界の終わりを救うために、時代を二・二六事件まで遡って、

事項を「確定」していく事に奔走するお話。

 

昔に遡って事件の内容を変えるんじゃなくて

同じ事をなぞる(→確定)んだよね。。。なんでなんだっけ。。

この弱い頭では理解できなかったわー(涙)

 

しかも漢字も日本史的内容も難しくて、

初めて上巻を2回読み直しました。

おかげでいろいろ勉強になりました。

 

日本史、めちゃくちゃ苦手で専攻もしなかったくらいだけど

(すみません世界史も地理も本当に苦手でした)

こうやって読むと面白いのね。

 

戦争も血を流す改革も、

家族兄弟のいる若い青年たちが

熱い闘志を抱いて、本当に命をかけてやったのだ。

 

正しいか正しくないかは置いといて、

今の時代ではホントに考えられないし、

精神的にも肉体的にも、人間として

今の私たちが昔の人より勝ってるところなんて

少しでもあるのかい?と思わせる内容でした。

 

しかし、家に押し入って人殺してワーワー盛り上がる、

そんな時代があったなんて。。

やっぱ今の時代は平和なのね。。。

 

完全なるSFですが、ある意味リアル満載で

感動もあり、スリルもある、良い作品だと思いました!

 

ところで、今日は総選挙でした。

投票率59.21%、戦後最低水準、

日本人の闘志は、地に落ちたもんだと、、、

他人事ではないので、もっと勉強しないとね…

うーんでも、やっぱ社会科は苦手だわー泣