木洩れ日に泳ぐ魚

2013.01.03

恩田陸 著「木洩れ日に泳ぐ魚」を読みました。

木洩れ日に泳ぐ魚

幼い頃に養子に出されて離れてしまった兄妹。

 

再会し同居したものの、恋愛に近い感情に苦しみ、

別離を選んで最後の夜を過ごすのですが、

ある一人の男の死を巡り、その死の原因と

恋愛独特の駆け引きが繰り広げられ、

真相を解き明かす、、舞台上の二人芝居のような設定で、

これぞ恩田陸という感じです。

 

最後の別れ際の女性の感情がなんとも言えずリアルです。

 

ちなみに、近親者が再会して恋に落ちるというのは

間違った心理現象で、本来治すべき対象なのだそうな。

 

まぁ恋愛って思い込みが大半ですからね。

百年の恋も冷めないように、日々気を付け。。。れないな。。。