月の裏側

2014.05.06

恩田陸 著「月の裏側」を読みました。

月の裏側

九州のとある水郷都市に呼ばれた一人の男性が、

そこで起こった行方不明事件(不明者は失踪時の記憶を

無くして戻ってくる)の真相を探るお話。

 

街の人々が一部、どこかおかしい、

行方不明後、人としての「何か」が変わってしまっていて、

それは水の堀に関係しているようで…。

 

真相に近づくにつれて、

周りの人や街全体の環境が変わっているのに気づく…。

 

戻ってきたら、どこか違う人になっているよ…?

なんか死んだ後燃やしたら骨が残らないみたいよ…?

一瞬みんな一斉にまったく同じ行動を取るよ…?

みたいな、じわっとホラーです。

 

水ってなんか怖い。

雨の日にオススメな一冊です(笑)