モザイク

2011.12.10

田口ランディ 著 『モザイク』を読みました。

 

主に渋谷と、精神病院を舞台にしたお話です。

SFのようで、現実世界を強烈に突いているような、

ふとした時に不安になるよなー、こうゆうこと。

という内容です(全然伝える気がない)

 

携帯電話を軸として、電磁波が人々に及ぼす影響。。。

便利な事が当たり前になっている世の中、それが生まれた時からある若者。

そういえば、私が高校の時ですら携帯電話もパソコンも

そんなに普及してなかった(田舎だから?)のに、

このスピードは確かに怖い。

 

今の若者はやる気がないーか。。。昔は良かったーか。。。

そりゃそうなんだろうけど、それを若者に強制したり、

それを理由に叱咤するのもなんだか可哀想な気がするのだがなー。

 

なんかいろんな問題が盛り込まれていて、漠然とこれからが不安になる。。。

自分が産んだ子供だって理解できない時代なわけですよ。

個人的には好きなテーマでした。

 

あと、主人公の女性がかっこ良かった。今話題の「家政婦のミタ」さんに似てる。

女性のほうが強いって話、昔から多いよねー私は全然強くないんだけど。

羨ましい。

モザイク