六番目の小夜子

2013.07.13

恩田陸 著「六番目の小夜子」を読みました。

六番目の小夜子

知ってる人は知ってますね。むかーし、ドラマでやってました。

鈴木杏・栗山千明・山田孝之。。すでに活躍してたんですね…

 

三年に一度、決められた「小夜子」が、みんなに気づかれないように

いろいろな行事を実行して成功させたりしなかったりして

十何年も続いてきたんだけど、その年(六番目)は小夜子が2人出てしまい、

転校生「小夜子」とその周りで不思議な事が巻き起こる、プチ青春ホラー。

 

読み終わっても、解決しない部分は残るんだけど(笑)

途中、小夜子を題材にした演劇(選ばれた小夜子が脚本を書く)が入るんだけど、

ちょっとコックリさんっぽくてめっちゃ面白いです。

恩田さんのこうゆうセンスが好きだなー。

 

でもそろそろ、「ユージニア」的なすげー怖いのが読みたい今日この頃。

また読み返してもいいかな。