「蹴りたい背中」と「インストール」

2011.10.30

綿矢りさ 著 「蹴りたい背中」と「インストール」を読みました。

 

「蹴りたい背中」は、クラスの、とあるモデルの大ファンである男子に
そのモデルを通じて、友情とも恋愛とも違う、ドSな感情を持ってしまう女子の話。

 

クラスの女子の輪から外れていく感じが、昔の自分とかなり重なって、
もうそれだけで面白かったなぁー

「インストール」は、不登校の女子高生が、
小学生の男の子と風俗関係のネット商売 をやるお話。

 

個人的にこっちの話のほうが好きだった。
女子高生と小学生の組み合わせが面白い。
そして商売の内容、まぁ出会い系みたいなもんで、そのやりとりがけっこうリアルで良かった。

綿矢さん、年下なんだよね。。。

現代の若者?だけど普遍的というか、どこにでもあるけど隠れているというか、、
うまく突いているなと思いましたっ。